結果に執着しないと結果がついてくる

最終更新日:2023年5月2日

今日は

結果に執着しないと
結果がついてくる

というテーマでお話します。

 

 

◆結果を出す人は結果に「執着」していない

 

 

「できない、やれない、無理、難しい。。。」
「結果が出ないと落ち込む」
「本当にこれでいいのか?」

 

と、もしあなたが
今悩んでいるのであれば、

 

「最高の自分」の
人生ストーリーに書き換えるために

必要なことがあります。

 

 

それは、
結果に「執着」しないこと。

 

おもしろいもので

結果に執着しないと
結果がついてくる。

 

仕事でも
プライベートでも

 

結果を出す人は
結果に「執着」していません。

 

 

◆どっちでもOK

 

たとえば
よくあるのは

 

「恋人がほしい!」
「結婚がしたい!」と

 

強く思っている時ほど、
いい人はゼンゼン現れない。

 

でも
「ま、どっちでもいいか」

 

と自分の人生を輝かせることに
集中し始めたり、

 

「どっちでもOK」

と自分の思いに縛られなくなって
自然体で過ごしていたら

 

良縁に恵まれたとか
よくある話ですよね。

 

 

私自身も20年以上前になりますが
前の夫と死別・帰国し、
その後再婚。

 

30代半ばに
子宮頸がんと言われたものの、
幸いにも初期で事なきを得ましたが、

 

その後、なかなか
子どもが授からなくて
不妊治療的なことを
行ったことがありました。

 

でも、それをやめた時
娘や息子を授かったということが
ありました。

 

仕事でも同じです。

 

起業して、結果が出ない、、、
月商〇〇〇万円!と
数字や目標に執着していた時は
結果が出せませんでした。

 

でも、あるときから
意識の置き所、
やりかたを変えたのです。

 

目標は立てる
「意図はする」

 

でも、目標や計画に縛られない。
結果には執着しない。

 

そして
自分の根底にあった
自分には価値がない
と思う「無価値感」

お金を稼ぐのは
良くないことと感じる「罪悪感」

私にはそんなことをする力は
到底ないと思う「無力感」
に向き合いました。

 

さらに
サバイバル意識
心配不安、恐怖
ジャッジなどの

 

潜在意識のブロックを
日々「手放して」

 

毎朝、最高の自分に「つながる」こと

 

毎朝、最高の自分のストーリーを
「見える化」し

 

行動習慣で「仕組み化」
していくことを行うようになった。

 

 

そのようにして

結果そのものに執着しなくなり

プロセスを大切にするようになったら

逆に、成果、結果が出るようになったのです。

 

 

 

◆抵抗する波動があると

 

結果に執着しないと
結果がついてくるのは、

 

エネルギー的な観点からいえば、
抵抗する波動がなくなるからです。

 

意図を定める。
目標は立てる。

 

けれど
結果には執着しない。

 

絶対自分が
思った通りの

 

このような
かくかく・しかじかの方法で

 

このように
絶対起きなければいけない

 

いや、起きるべき

と強く思い込んでいる
執着を手放す。

 

 

結果に執着しないと
結果がついてくる。

 

執着はしないけど
たんたんと「行動」は続ける。

 

そして、
自己受容ができていること
大前提ですが

 

ひらめいたことは、
ジャンジャン採用して

変わることを恐れない。

 

 

 

だって
そもそも

 

私たちはみな
無限の可能性をもった
存在だから。

 

もし、
自分が想像した範囲で
すべて収まるのだったら

 

「無限」の可能性
ではなくなり

 

「限定」されたものになる。

 

 

自分の小さな
アタマだけで
決めつけない。

 

PCだって、
スマホだって

 

ネットにつながっていない状態では
できることって限られますよね。

 

それと同じです。

 

 

◆自分のアタマを超えた最高の人生ストーリー

 

 

無限の情報
無限の可能性

 

自分の小さなアタマを超えた
本当の自分とつながって

 

じゃんじゃん
ひらめきを降ろしてくる。

 

 

そして
自分のアタマの

想像を超えた

「最高の自分」の人生を謳歌する

 

 

そんなの無理
と思いますか?

 

そうですよね。

 

「そんなの無理」と思うのならば
もちろん、自分が受け入れることが
真実になる、

具現化されるので、

 

ホントに「無理」という現象が目の前に現れます。

 

 

でも、ホントにそれでいいのですか?

 

 

もしあなたが
本当は無限の可能性を秘めた
「できる」存在なのだとしたら?

 

自分が想像できることは、
つねに創造「できる」力を持っている、

 

そして執着を手放せれば、

それ以上の高みへと
本来は昇ることができるのだとしたら?

 

意図を定める。
目標は立てる。

けれど
結果には執着しない。

 

淡々と
心静かなワクワクとともに

 

行動はつづける。

 

結果に執着しないと
結果がついてくる。

 

おもしろい人生のからくりです。

 

私たちはみな
無限の可能性をもった存在。

 

あなたの素晴らしい可能性に
自分でフタをしないでください。

 

あなたが今、壁だと思っているものは

次のステージにのぼる
扉になっています。

 

勇気をもって
押し開いてみてくださいね。

 

 

以上、今日は

結果に執着しないと
結果がついてくる

というテーマでお話しました。

 

いつも心から
あなたを 応援しています!

 

最高の自己実現コーチ
鈴木みつこ

 

関連記事

LINE限定の無料特典プレゼント

無料体験セミナー&ワークショップについてアンケート

よく読まれている記事